面接アポの時間帯の設定

二か月位前まで、とある中小企業の採用を担当していました。採用の広告も非常に高額になってきています。主なメディアはインターネットです。一昔前であれば紙媒体が主流であったが新聞をとっていない家庭が増えたり、活字離れがあったりスマートフォンの普及によって今は完全にインターネットが紙媒体にとってかわりました。

時期、業者の選択から打ち出しかた、予算内で如何に優秀な人材を採用出来るか否か、成功と失敗の明暗がハッキリしていて、その結果だけが仕事の評価と判断されるので、かなりプレッシャーのかかる仕事です。勿論、採用だけが仕事ではありません。単に担当です。

担当としては数ある中から細かい振るいにかけて、選りすぐりの人材を採用したいが、そうもいっていられません。人気の大企業ではないので時期を間違えると集まらない事もあり得るわけです。多ければ面接の対応等でかなりの時間を取られ、少なければそれは大問題になります。面接の時間帯を朝一9時に設定するとスッポカシの割合がかなり高まり、その時点で振るいにかけられる訳ですが情けないレベルです。1人の面接に1時間近くかかることもあれば2時間かかることもあるので面接の予定が入れば少なくとも1時間は確保しなくてはなりません。たて込むとしんどい事になるのですが、それよりなによりスッポカされて、その時間を空に切ることの虚しこと。余り身体に良くない仕事でした。

おすすめ情報

Copyright (C)2017過去に私がやった面接.All rights reserved.