圧迫される面接での対処方法

面接の中には、面接官が応募者を圧迫するような面接を行う場合があります。圧迫面接になったと感じた際の対処方法は、感情的にならないことです。圧迫面接の場合、面接官は応募者の色々な部分を否定するような見方をします。例えば、志望動機に対して否定的な見解を示してくることがあります。志望動機に対して否定されてしまうと、応募者としては動揺やイライラという感情が湧いてしまうことがあります。その感情をそのまま面接官に吐き出してしまうことは、圧迫面接で良い評価を得るのは難しいです。

面接官の否定によって、悪い意味での感情が湧き出てしまったとしても、そこは面接ということを忘れることなく、感情的にはならず、冷静に面接官へ対応することが高評価に繋がります。圧迫面接は、仕事をする現場において、感情的になることなく、冷静な判断を下すことが出来るのかを見極めるために行われています。ただし、圧迫面接なのか、それとも単に面接官が感情的になっているのか分からない時があります。そのような時も、あくまで冷静な自分で対処することが大切です。面接の場で言い合いになってしまうようなことは、採用において評価されることになる可能性は考え難いため、避けることが望ましいです。

Copyright (C)2017過去に私がやった面接.All rights reserved.